診察時間を確認する方はこちら
TEL:06-6155-3387 大阪府豊中市新千里東町1丁目2-3 ザ・千里レジデンス206

よくある症状

りんご病

2019.08.02

りんご病(伝染性紅斑)の原因

りんご病(伝染性紅斑)はヒトパルボウイルスB19による感染症です。

りんご病(伝染性紅斑)の症状

ほっぺがりんごのように赤くなるのが特徴です。頬がほてったり、少しかゆみをもつことがありますが、通常熱は伴いません。太ももや腕には赤い斑点やまだら模様があらわれます。

ただし、成人がかかると微熱が出たり、腰やひざが痛むことがあります。

りんご病(伝染性紅斑)の治療

自然に治ります。かゆみが強い場合はかゆみ止めを処方することもあります。

ご家庭で気をつけていただきたいこと

  • 食事:いつも通りでかまいません。
  • 入浴:入ってかまいませんが、熱いお風呂に長く入ると赤みが強くなり長引くことがあるので、短時間にしてください。
  • 運動:運動で体があたたまったり、日光に長く当たると赤みが長引くので気をつけてください。

再受診の目安

  • かゆみが強くなったとき
  • 高熱が出たとき
  • ぐったりして元気がないとき

保育所・学校

頬が赤くなったときにはすでに感染力はなくなっているので、登園、登校は可能です。