診察時間を確認する方はこちら
TEL:06-6155-3387 大阪府豊中市新千里東町1丁目2-3 ザ・千里レジデンス206

よくある症状

気管支喘息

2019.08.03

気管支喘息

気管支が慢性的な炎症を起こし呼吸がうまくできなくなります。発作を起こさないように予防することが重要な病気です。

気管支喘息の原因・症状

気管支が狭くなり呼吸がうまくできなくなります
細菌やウイルスが気管支が感染したり、ダニやハウスダストなどのアレルゲン(アレルギー物質)によって気道が腫れて空気の通り道である気管支が狭くなります。その結果、呼吸をすると「ゼーゼー」、「ヒューヒュー」と音がします。

気管支喘息の治療

  • 気管支を広げる飲み薬や吸入を使います。
  • アレルギーが原因であれば抗アレルギー薬を使います。

ホームケアのポイント

気管支喘息は発作を起こさないように予防することが大切です。

  • こまめに掃除をして喘息の原因となるダニやハウスダストを除去しましょう。
  • 発作を起こした時は体を起こしてあげると、呼吸が少し楽になります。

こんな時はもう1度受診しましょう

  • 発作が強かったり、薬を飲んでも治まらないとき