診察時間を確認する方はこちら
TEL:06-6155-3387 大阪府豊中市新千里東町1丁目2-3 ザ・千里レジデンス206

よくある症状

細菌性胃腸炎

2019.08.03

細菌性腸炎の原因

カンピロバクターやサルモネラ、病原性大腸菌、腸炎ビブリオ、エルシニアなどの細菌が原因でおこる腸炎です。カンピロバクター腸炎は汚染されたトリ肉、サルモネラ腸炎は汚染された肉や卵、あるいはミドリガメなどのペットが感染源となります。

細菌性腸炎の症状

発熱、腹痛、嘔吐、下痢などがおこります。血便がでることもあり、まれに重症になります。

細菌性腸炎の治療

便の培養検査の結果をみて、抗菌薬を処方します。
下痢や嘔吐がひどい場合は、点滴や入院が必要になります。

ご家庭で気をつけていただきたいこと

  • 食事:水分をとり、消化のよいものを食べてください。
  • 入浴:下痢がおちついてきたら入ってかまいません。おしりをきれいに洗ってあげてください。
  • 手洗い:ご家族みなさんが手洗いをしっかりし、家庭内での感染に注意してください。

再受診の目安

  • 嘔吐や下痢をくり返し元気がないとき
  • 腹痛が強まったり、血便が続いたりするとき
  • 高熱が続くとき

※次の受診まで、水分や食事の摂取量、回数、下痢や嘔吐の回数、尿の回数などをメモしておいてください。